クマとはオサラバ!明るい顔を手に入れよう。

さまざまな原因

女性

一言で「クマ」とは言っても、それには大きく分けて二つの種類が存在しています。それぞれの種類によって原因は異なり、治す方法にも違いが見られます。
そんなクマの種類の一つに、「青くま」があげられます。青くまとは、目の下の色素が青く見えるくまのことを指します。
青くまが出来てしまう主な原因とは、疲労やストレス、睡眠不足や体調不良、眼精疲労やドライアイなどがあげられます。これらはいずれも、共通する根本的な原因があげられるのですが、その共通する原因として、「血行不良」があげられます。
目の下の皮膚とはかなり薄いため、血行不良がよく目立ってしまうのです。しかし、そんな青くまも、原因を突き止めて対策すれば、いくらでも治すことはできます。

クマに見られる種類の一つに、「茶くま」があげられます。茶くまとは、目の下の色素が茶色く見えてしまうクマのことを指します。
茶くまが出来てしまう主な原因とは、紫外線や乾燥、目の下のこすり過ぎがあげられます。また、老化によるシワが原因で出来てしまうクマも、茶くまに含まれます。
紫外線を浴び肌が乾燥してしまうと、メラニン色素が肌内部に沈着し、それが原因でクマが出来てしまうのです。また、目の下をゴシゴシとこすり過ぎてしまうと、それも色素沈着の原因となり、クマが出来てしまいます。
しかし、こうした茶くまも、クマを治すための対策を練ることで、いくらでも治すことができます。クマをしっかりと治すことで、明るい表情を取り戻すことができるのです。